『Re:ゼロから始める異世界生活』2期 36話感想!

前置き

今回は、『Re:ゼロから始める異世界生活』2期 36話の『死の味』の感想を書いていきたいと思います。

ネタバレも含まれますので、未観賞の方はご注意ください。また、管理人は原作未読となります。

今回わかった新事実

ベアトリスは、エキドナと契約しておりずっと来るべき人を待っていた。

ベアトリスは、すでに待ち人に対する希望を一切捨てており自分を殺してくれと願っている。

エルザにはメイリィ・ポートルートという仲間がいる

メイリィは、以前のアーラム村で起きたウルガルム襲撃の犯人で魔獣使い(最後にいなくなった子供はメイリィ)

ロズワールはスバルがループしていることを知っていた。

感想

ついにベアトリスの本意がわかりましたね。ベアトリスは、スバルが来たるべき人だと思ったみたいですけど、自分を1番にしてくれ、それができなければ殺してくれと言ってましたね。

さらにそれはエキドナとの契約によるものだと・・・・

精霊でも400年間も本当に来るかもわからない人を待つって、どんな気持ちになるか計り知れませんね。しかも、その間ほとんど書庫の中で・・・想像を絶します。

エキドナえげつないぞ・・・・・というか本当に誰か来るのか?それともスバルのことか?うーーん謎!

そして、間髪入れずにエルザが襲ってくるなんて・・・しかも方法がまたすごい。全部のドアを開けっぱなしにして無理やり空間を繋ぐとか裏技すぎるでしょうww

でも、言われてみたら『あ、なるほどな』と思ってしまいました。作者の長月先生やはりすごい色々考えられていますね。

さらにやはりエルザには仲間が居ましたね。しかも、びっくりなのがウルガルムの事件の時にいた女の子ではありませんか。

あの時最後まで居なかったからどうなったのかと思ったらまさかの敵だったとはw

今回、少し思ったのがもしかしてエルザ、メイリィは魔女教なのかなぁと思いました。特に根拠となる理由があるわけではないですが、エミリアの周りを狙っているし普通に育って魔獣使いとか腹切りになったら少し怖いなあと

まぁその辺はいずれわかってくるでしょう。

というかエルザ、もしかして不死設定なんですかねぇ。ベアトリスが攻撃して跡形も無くなったように見えても普通に生きてましたねw

ともあれ1番気になったのが最後のロズワールですよね。

なぜかスバルがループしているのを知ってましたね。言動から見るにループする方法は知らないみたいでしたが・・・

さらにロズワールは今のスバルでは書の示す未来に足りないと言ってました。

もっと驚きだったのが、今の自分が死んでもスバルがやり直した世界の自分じゃない自分が悲願を達成するならいいと・・・・

私もスバル同様に思ったのが『人間の考え方じゃない』と感じました。

そもそも人間かも怪しくなってきましたね。過去に何があろうともあの考え方は異常な気がします。

あといくらスバルがループするとわかっていても従者のラムをあっさり殺すとは・・・ロズワールには何を捨ててでも叶えたい、とてつもない悲願がありそうですね・・・

最後に一言、エミリアがついに壊れてしまった・・・最初、嫉妬の魔女かと思ってしまいました・・・本当に似ているだけなのか怪しくなってきましたね。

お願いだパック帰ってきてくれ・・・

そしてスバルの心、耐えてくれと・・・・

今回の記事は、以上となります。

リゼロを無料で見るには

現在、AbemaTVが最新話を1週間無料配信しています。最新話もリゼロはアベマが最速で一押しです。

アプリ、もしくはパソコンの場合は、ブラウザでを入れるだけで簡単無料ですのでもし、無料でリゼロを見たい方は、AbemaTVのアプリを入れてみてください。

管理人おすすめとなっております。一応リンクを貼っておきます。

ABEMAの公式サイトはこちらから

コメント

  1. canli tv より:

    I really like it whenever people come together and share ideas. Great blog, continue the good work! Jocelyn Dudley Goldshlag

タイトルとURLをコピーしました